ゲーム

【クリア後】ゼノブレイド2感想

長かった…
3週間ぐらい何もせずにゼノブレイド2やっていたでしょうか

総プレイ時間は190時間ぐらいでした。
本当にクリアだけのつもりで動けばもっと早いんでしょうけど、
クエストもところどころやったりしたので結構かかりました。
残念ながら、コスモスは手に入らずに終わりましたが・・・

高橋監督の作品、凄い好きなんですよ。

最初、FF7が出たころ(ちょっと、正確な時期はあいまいですけど)
PS1でスクウェアから「ゼノギアス」がでました。
ロボ、SF好きの僕にはたまらなかったです。
2、3周したような気がします。
高橋監督の好きな要素って
すごくオタク受けするものが多いというか
僕は大好きなんですよね。

・主人公の影の部分が、なんか暴走する
・主人公が2,3回覚醒する。
・なんかわからないけど、深い意味ありげなストーリー
・遥か過去には、超古代文明、今はそれを利用している
・可愛いキャラがでてきる
・マスコット的なキャラもいる
・結構残酷な描写もある

当時、ゼノギアス、絶対続編出してくれ!と願っていたのですが
監督が、スクウェアを退社され続編はなくなった。
なんて情報を、どこかから聞きつけ、僕は呆然としました。
(ゼノギアスの権利は、スクウェアにあるから続編は無理)
しかし!
なんと、バンダイナムコに移り

「ゼノサーガ」を発表!
ゼノの冠が付いたゲーム、キターともちろん購入しました。

・圧倒的なスペースオペラ
・機械人間やら、人造人間
・様々な人種が絡みあうストーリー

なんといっても、イラストが田中久二彦さん。
音楽が光田康典さん
イメージの絵が最高で音楽も最高。

そして、ゲーム性も最高でした。
ゲーム性が最高というのは、
具体的に伝えることが難しいのですが
自分にとって、情報量だとか
操作感がすごくちょうど良かった記憶があります。

「サクサクできて、気持ち良い感じ」でした。
もう古い記憶なのでかなり改変されているかもしれませんが。
美しい女性キャラが最強な兵器というストーリーも
すごく引き込まれました。
設定資料を買ったりしました。
その設定資料で書かれていた
「実は、ゼノギアスと世界観は繋がっている」的な要素も、僕を興奮させました。

その後、続編は出ましたし、購入はしました。
が、ゼノサーガ2、3に関しては
あんまりやり込んだ記憶がありません。
2に関しては、戦闘のイライラ、キャラが愛せなかった。
3に関しては、途中でセーブデータが飛び、それ以降止めてしまいました。
僕の中では、1こそ至高。最高のゲームや!と思っていました。
しかし、ゼノサーガ3で完結し
高橋監督が、バンダイナムコも退社。
モノリスという会社を立ち上げ、任天堂傘下(提携?)に。という
情報が、またもどこからか入ってきました。

(ここらへん間違っていたらすみません。wikiとかでは調べてません)
「ああ、ゼノサーガが終わってしまうのか…」
「しかし、任天堂って、wiiの客層でゼノ系は絶対に無理じゃないか?」
「これは、もう終わった…」
などと、いっていたら

「ゼノブレイド」発売!

出た!ゼノシリーズだ!
え?でもロボとかじゃない。剣と魔法?
あれ?ちょっといつもと様子が違う?
しかもキャラデザが、なんか違う。
大丈夫?コレ?

でも、買う

ゼノブレイドのためにwii買う!
モノリスを僕は信じている!
ゼノブレイドが出た時は
もう社会人。しかも、映像系の会社にいたので
残業は当たり前。何なら、1週間会社に泊まったりも普通にある業界。
FF13なんか、9時間ぐらいで止めてしまったし
もうなかなかゲームできないわ~
なんて言いつつ、始めました。

「おもしろい!!ゼノブレイド!うぉぉぉぉ!!!!」

・フィールド最高!
・高レベルエネミーがゴロゴロいる!
・バトルシステムが、なんかキモチイイ!
・ストーリー最高や!
・高低差があるダンジョンマップ
・ジャンプできるゲームは神ゲー!!

「やめらんねぇ!」

会社から11時に帰ってきて、朝の4時ぐらいまで毎日やってました。
こんな神ゲーが産まれたのにFFより売れないとは…
当時、周りの友達とかに
滅茶苦茶勧めましたが、全然受け入れてもらえませんでした。
ゼノギアスとかゼノサーガとかは

まあわかる。

SFとロボの枠組みに入れると
そこを好んでいてゲームをやっている人種に限定されるので
パイは少なくなってしまう。

でも、ゼノブレイドは完全にファンタジー寄り!
しかも、戦闘が面白い!
高低差があるマップが最高なのに!
ただ、じわじわその面白さが広がってきた印象はありました。

ネットでは神ゲーと称されるゲームに。
「うむうむ、そうだろう!これは次作はすごいハネるなぁ!」
そして、満を持して、『wiiU』にて
ゼノブレイドクロス発売!

「キター!ロボット要素が入ってきた―!」
「戦闘システムは前作引き継ぎ」
「フィールド最高~」
「二画面で、色々できる!」
「キャラメイク!?んん?」

実は、クリアまで行きませんでした。
自分的には、キャラメイクしたことにより
逆にキャラに感情移入できなくなっていたのと

クエストもお使いにしか感じなかった。
マップは、最高でした。
前作よりも良かった気がしました。
あれ、この山上れる?あれ?行けるか?
お、おっ?登れた!!

あっ!

あんなところに、はっけーーーんとか

すごく楽しかったです。
ただ、ドールというロボットで飛べるようになって
逆に、もういいかなとなってしまいました。
ストーリー、設定は、すごく好きでした。
ただ、あまり主人公が深くかかわらない作りだったので
勢いでゲームを進められなくなったのかなぁと
当時を振り返っております。
僕は、ゼノブレイドクロスのためにWiiUを買ったのですが
WiiUを元から持っている層でゼノブレイドクロスは
買わないんじゃないかとヒヤヒヤしておりました。
売れないと、次作がでないので、ファンとしては心配なのです。
まあ、そんな心配をよそに

スイッチ発売!!

ゼルダ発売!

「え!?なにこれ!面白い!!」

「フィールドのこの探索の面白さ。モノリス協力?」
「うわ~ここからジャンプだ~おもしろ~~い」
・・・ただクリアはしていない。

スイッチバカ売れ

そして、ついに
今作、ゼノブレイド2発表!!!
「うぉぉぉ!!クロスは2という意味ではなかったのかぁ!」
「やられた!!騙されけど、うれしい!」

発売前情報として、
・本流でストーリー重視!
・なんか色んなブレイドがいる?
・フィールドは同じ感じ!
・あれ?キャラがなんか萌えすぎる。

とか、自分的には、発売前は

少し懐疑的な部分もありましたがもちろん購入しました!
で、つい今までのゼノシリーズをすべて語ってしまいましたが

ついに、今作の感想を…

・前作とのつながりはありません。(世界観的なつながりとかはあるかも)
・マップはやはり美しい!探索楽しい
・ただ山登り要素がなくなっていたのが若干悲しい。

なんだ~ここ以上はいけないのかぁというのが多かったです。

馬鹿は高いところが好きとはよく言ったもので
登れる要素は欲しかったです。

・街の発展とかでクエストが増えるのは、すごく自然で良かった。前作までのクエストとかは、あんまりやる気にならなかった。
・いろんなキャラデザのブレイドは

発売前は懐疑的でしたが、最後は全然気にならなくなりました!

コスモスは欲しかった・・・

・メインキャラのキャラデザも
発売前は、ええ…ちょっと萌え寄りすぎないかと思いましたが
プレイを始めると全然気にならなくなりました!

ドラクエ11の時も、同じような事いってたんですよね~
最初の印象は全然あてにならないですね。

ハナがかわいい!!そして、モードチェンジは良い!
キクも仲間にならないかな~あとサクラも。

・タイガータイガーは面倒でした。拡張パーツで他の手段も欲しかったです。
・コアクリスタリシステムは、ガチャみたいなものですが

これも良かったです。一喜一憂できました。
エピックコアで一度もレアが出ずに終わったのは悲しかった。

コントローラを投げました。

計5個ぐらいしか保有しなかったですが。

・傭兵団で、無駄なブレイドがいなくなるのは良いですね。皆で頑張っている感じが良かった。

ただ、コモンブレイドがわけわからなくなります。

・フィールドのフィールドスキルがないと

通れないところがメインルートで出てくると少しイラっとしました

・マップが分かりずらかった~

これが、一番の今作のネックでした。

倍率を変えられるように修正が入ったのが、クリアした日だったので

初めからならよかったです。今はわかりやすいですね。

・序盤は、UI周りで少しイラっとするところが多かったですね。
ただなれます。

・あと、急に落ちることが3回ぐらいありました。セーブはこまめにしておいた方がいいですね。

・戦闘システムは、一新されておりました
いつも序盤は複雑でついていけないのですが、
なれるとすごく気持ちいい!今作も最後は気持ちよくなりました!

・スイッチは良いですね!
布団でも寝ながらできますし、ちょっとウンコ行こと便所に持っていけますし。

・ストーリーも最高
ゼノブレイドでは、少し大衆寄りになっていたストーリーが

再び、ゼノギアスとかの
濃い高橋臭のするストーリーになっていました。
なんか、ゼノブレイドとゼノギアス、ゼノサーガを
つなげようと思えば、繋げられそうだなぁと
ちょっと思いました。あれも出てたし。面白いから、ガンガン進められます。

FFシリーズとかはもう色んな人たちの手が入りすぎて
なんかよくわからなくなっていますが
ゼノシリーズはコアな部分は本当に一貫していると思います。
高橋監督のやりたいことを
ドンドン新しい技術で拡張していっている感がすごい。
ゼノギアスから
グラフィック的とかシステムとかは進化しているのですが
やりたいことというのは、全然変わっていない感じ。

そこが素晴らしい。

色んな会社を経てでも、自分のやりたい事を貫いて作り続けるって、本当にすごい。

ロボットもの、ファンタジーもの熱いアニメとか好きな層には、ぜひおすすめしたいゲームです。

次作も期待です!

  

  

-ゲーム
-,