ガジェット

地震対策のご紹介

前書き 地震について

こんにちは!
3.11から8年。東京近郊に住まれている方は
あの時の恐怖をすでに忘れつつあるぐらいの時期ではないでしょうか?

しかし
日本は、地震大国と呼ばれております。
日本に住んでいるうえでは、避けて通れない災害であります。

「地震 雷 火事 おやじ」

と昔の方も言うように、怖いもののトップにあげられております。
現代のバージョンに直したとしても

「地震 雷 火事 おかん」

現代でも地震はやはりトップに挙げられます。

地震などの天災を本能的に察知し回避する生物もいます。

しかし、日本人はすでに野生を失い、恐怖や災害に対するセンサーも馬鹿になっています。
私ももちろん類にもれず、野生など1ミリもありません。

野生とは、生き残る生物的な本能といっていいでしょう。

最近思うのが、自分は「叫ぶ」事すらできないのじゃないかと思っています。
何か自分に危害が及んだ時に、脊髄反射的な「叫ぶ」という行為すら
私の野生は、すでに失っているのではないかと思います。

例えば、街中でひったくりにあえば「キャーー」と叫ぶと思います。
自分の場合「!?・・・・っえっ?」たぶんこのくらいだと思っています。
それほど野生は失っていると言いたいのです。

まだこの反応がひったくりぐらいだからいいのですが
街中のテロ、災害でこの反応であれば、確実に私は死んでいます。
つまりは野生に組み込まれていた「生き残る」というエネルギーが
もうなくなっているのです。

私はもう野生を失っています。

ただ、3.11の時、今思えば
若干、自分の野生が発芽していたのではないかというタイミングがありました。

私は、3.11の時に関東にいましたので、
東北で被害にあわれた方とは、まったく災害の比が異なってはいますが

そんな中でも、私は本能的に
本震が起こる数日前の何度かの地震で、なんとなく大きいのが来るのではないか?そんな風に感じました。
さらに、実際に地震が起こった時に、とっさに机の下に隠れていました。

 そういう風に小さなころから訓練はしていたとはいえ、まさかこの、生きる本能を捨てた男が、本当に机の下に隠れるとは思いませんでした。あの地震の時は脊髄反射的に机の下に隠れていたのです。

これはまだ自分の本能が死んでいない。その証拠でした。

3.11以降、何度も日本では大きな地震がありましたが
関東で大きな被害があった地震はありません。

しかし、もうそろそろ関東でも地震が来るのではないか?

たぶん、みんなそう思っているのではないでしょうか?
それは間違いではありません。

我々人間の中に、かすかに残る生物としての本能がそれを感じているのです。

私は、3.11の時に、
私の持つかすかな本能でそれを数日前に感じましたが、
その時は、その感覚ですら信じることはできませんでした。

生物的な生きようとする本能。

その本能に従い、
今回は地震に対する対策をちゃんと行っていこうと思います。

地震対策

新規に地震対策グッツを購入

私が購入した地震対策グッツは以下のようになっております。

以下に動画で詳しい説明をしていますので、合わせてご覧ください。

防災グッズ 25点避難バケツセットDX 防災士監修 アイリスオーヤマ 耐荷重100kg/イス/給水/踏み台

こちらは、基本的に必要と思われるグッツがバケツの中にほとんど入っています。

  • 防災マニュアル
  • 水 500ml2本
  • 軍手
  • レインコート
  • ガムテープ
  • 体ふきウエットティッシュ
  • ぽり袋
  • ブルーシート
  • 簡易座布団
  • 給水パック
  • 充電式ライト(USB充電可能)
  • 使い切りマスク
  • カレー
  • ビスケット

こちらの最大のメリットは「バケツ」に入っている点です。

バケツは、絶対に必要です。
水が入れられれば、飲み水を入れる。
火事になった時に、水を入れられる。
トイレに水を運ぶなど、色々な用途に使えます。
さらに、上に乗れるようになっているので、椅子としても使えます。

この製品を見た時に、これだ!と思い購入しました。
ベストチョイスなのではないでしょうか。

Anker PowerPort Solar Lite (15W 2ポート USB ソーラーチャージャー)

ソーラーパネル型充電機です。
最初、曇りで試したところ、スマホは全く充電できなかったので
不良品化とと思ったのですが、晴天時ならば、スマホに充電が可能でした。

スマホだけではなく、USB機器で充電できるものは充電可能なので
1つはもっとおきたい製品だと思います。

今度、改めてこちらの使用動画は取ろうと思います。

3パネル搭載の21Wタイプもあります。
それほど金額も大きく変わらないので、こっちにしておけばよかったと後悔。

災害時のスマホの充電は必須だと思います。
そういった意味で、この類の製品は必須だと思います。
大容量のモバイルバッテリーも買おうと思っています。
goproを山に持っていくときのバッテリーにもなりますしね。

驚異の防臭袋 BOS (ボス) 非常用 トイレ セット【凝固剤、汚物袋、BOSの3点セット 

サンコー 携帯 簡易 トイレ 防災グッズ 31×30×35cm 耐荷重120kg

地震で一番困るのはトイレだと思います。
断水してしまい、家のトイレが使えない場合、
最悪「非常用トイレセット」の方があれば、
家のトイレにビニールをかぶせて、使うことができます。

さらにトイレが破壊され、使えなくなった状態になったなら
「避難用トイレ」を使うことができます。

お風呂は最悪1週間は我慢できますが、
トイレは1日ぐらいしか我慢できないでしょう!

これは購入しておくべきです。

日本に住む以上、避けられないリスク

地震は、日本に住む以上、避けられません。
技術、文化が発展しても、これだけは避けることはできませんでした。
しかし、日本は、その地震を繰り返しながら発展してきました。

地震が起こるのは仕方ない。
それを今までの経験を活かしながら対策していきましょう。

私は、地震が起きたら、このグッツを生かして
何とか泥臭く生き延びようと思います。

-ガジェット
-,

Copyright© サクラライフログ , 2021 All Rights Reserved.